2018年7月8日日曜日

Cities Skylinesシナリオ攻略記 「都市浄化チーム 2回目 健康問題解決と大都市への道」


全開決めた計画通り街作りをします。水源を地下水に切り替え、区画を大きく整備。
あちこち点在していた工場や発電所を住宅地から離したところへ移転。住宅地と工場の間に商業地域をクッションとして設置して極力近づけないようにしました。

ちなみにやたら商業地域が多いのは元々工場だった地域は土壌汚染が激しく、健康問題が再発しかねないからです。ただし、このゲームの土壌汚染は工場を撤去して時がたてば元に戻るので、必要があれば住宅地に戻そうかなと考えています。

あとゴミは燃やさない限り撤去不可能な上に、ごみ焼却施設が設置できないので周囲を空き地にしてしばらく放置。


街が大きくなったら設置できたので、工業地域に焼却施設を大量に設置して埋立地のごみを燃やし尽くしました。このゲームの焼却炉は発電施設も兼ねているので、この町の電源の一つでもあります。



おかげですんなり水質汚染の課題はクリア。底辺だった健康度も大分改善しています。


健康度に関してはヨガ教室など健康促進施設や巨大な病院を各所に建ててクリアを試みることにします。このあたりやっていれば自然と上がっていくので、そう遠くない未来にクリアできそうです。

さて問題は人口です。やっと2万ぐらい行った程度で今後いかに都市を巨大化するのかがメインとなります。



街が大きくなると渋滞がヤバいのは読めていたので、地下鉄を敷設したり高規格道路を設置したり、工業地域用の産業道路の敷設で対策した・・・つもりだったのですが、あちこち混雑しまわって酷いありさま。

地下鉄はうまく使われているのですが、どうも高規格道路があまり使われていなくて結局渋滞は避けられず。まあそもそも狭いマップに無理矢理都会作ろうとしているのがアカンのですけど。


とりあえず街を当初の三倍の面積へ拡張。北に工業地域、南にベッドタウンという形で大胆な開発を行っていく予定です。


あと町の規模が大きくなって浄水施設が解禁になったんで、汚水まみれの湖の浄化も行っています。将来的にはここを再び水源として使えるようにする予定。地下水だとコストが割高なので、やっぱ直接汲み上げられる方がいいですしね。ただ、この浄水施設は排水する汚水を85%浄化する程度なので、水源として使える日はかなり遠い話になりそうですが・・・。

2018年7月7日土曜日

Cities Skylinesシナリオ攻略記 「都市浄化チーム 序章 問題把握と都市計画」


三日坊主になりそうですが、最近Cities Skylinesにドハマりしているんでプレイ日記でも。
このゲームには昔のシムシティみたい(シムシティ3000拡張など)にシナリオモードがあります。とある問題を抱えた都市を改善し、与えられた条件をクリアするというもの。

で、今回からやるのはFresco Cityの「都市浄化チーム」というシナリオ。都市周辺で蔓延している健康問題を改善し、人口を15倍にするという内容。資金と人口が尽きなければ大丈夫、という極めて悠長に遊べそうなシナリオですね。



ということで、Fresco Cityに赴任することになりました。まずは状況分析なんですが、ぱっと見で悲惨な状況です。あちこちで病気になった市民たちが悲鳴を上げています。



下水道垂れ流しで汚染した水源を汲み上げているわけですから、そら身体壊します。
産業革命時代のロンドンで下水を整備したら、汚水を水源に垂れ流してコレラを流行らせた案件を彷彿させるような・・・。


一応汚染されていない水源はあるのですが、湖なのでこの調子で汚水垂れ流すと確実に水源として使えなくなります。幸いにも地下水は大丈夫なので、そっちを利用することにします。
浄水所は今の6倍ぐらいの人口にならないと設置させてくれないので、現状は湖を汚す以外は手はありません。



ヤバいのは水道だけでもありません。街中も大問題です。

・工業地域(黄色い区画)やゴミ捨て場、発電所など汚染源の隣に住宅地(緑色の区画)がある。
→そのせいで住宅地付近の土壌も汚染されている(茶色く染まった領域)
・病院のキャパに対して3倍も患者がいる。
・工業地域が分散しているおかげで、あちこちで産業トラックが縦横し道路のキャパがオーバー気味。
→あと騒音も酷いので少なからず健康被害もあると思われる


ざっくり挙げただけでも酷い有様です。


特に住宅地や高校がある近所に火力発電所とかどういう神経していたらこんなもの建てられるのでしょうか。どうしたら不健康な街を作れるのかいいお手本みたいな町だと思います。


ということで、自分なりにこう対策してこうと思います。

・町が大きく発展するまで地下水をくみ上げる。
・ごみ焼却施設を設置し、住宅地にある埋立地を撤去する。
※埋立地は空にならないと撤去不可能。
・工業地域など汚染源を住宅地から隔離。
・住宅地にトラックがなるべく入らないよう産業用道路の整備。
・病院の増強と健康施設の整備。

ちなみにこのシナリオは何回もトライしていて、この辺やっておけば問題はありません。問題は人口7万5千人。



今の街の広さのままだと人口を15倍にするのは難しいです。近隣地域を購入してそこに高層住宅街を形成する予定です。



また、町の北部には石油が眠っているのでこちらに工業地域を形成、南部はベッドタウンにする予定です。



以上、Fresco Cityの現状分析と都市計画でした。この計画をもとに次回から街作りをしていこうと思います。
では、機会があれば次回の記事でお会いしましょう。

2017年9月20日水曜日

北海道へ行ってきました 札幌編その1


ちょっと前のお話になるのですが、お盆に北海道にお出かけしていました。
今年話題になったとあるアニメにはまり、ここ最近動物園巡りをしています。そうしているうちに自分が気になる動物が北海道にいるということなので、連休を使って行ってみました。

ちょうど台風が世間をにぎわせていた時だったので、本当に行けるのかって不安でしたがなんとでもなりました。確かにボチボチ雨は降っていたのですが、基本的にくもりで長袖のシャツが程よいぐらいでした。7月の天気とか見ていると猛暑だったので、ここまで涼しくなるのは嬉しい誤算ですね。


北海道までは飛行機で、そして道内はレンタカーで行動しました。広い上に公共交通機関で行くとキツいってのが分かったので、こればっかりは仕方ないですね。
ちなみに借りたのは現行スイフト。ベースグレードですがよく走るし、お山が楽しい(意味深)車でした。これが最近出たスイスポだともっと楽しいんだろうなぁ。

新千歳空港から降りて真っ先に向かったのは「ノースサファリサッポロ」。個人所有の動物園で、見てのとおり異様に人間と動物の距離が近いのが特色。地元のしろとり動物園をより尖鋭化させたような、公立の動物園とは一味違う面白い所です。

カンガルーと抱っこが出来たり、目の前でペリカンが羽ばたいたり、子ぎつねをだっこできたり・・・いやホント素晴らしいです。


もちろん全部抱っこできるはずもなく、サーバルキャットやブチハイエナは流石にお触りはダメでしたが・・・(サーバルは一応時間限定でできるらしいですけど、諸事情で今回は見送り)

ちなみにサーバルとハイエナは同居していて、さらにそこにシマウマとキリンが混ざるという。肉食獣と草食獣一緒に混ざって大丈夫なのか!?と心配したのですが、どうにかなっているようです。実際サーバルはシマウマの近くで丸くなっていましたし。

・・・ただ、ブチハイエナさんがどうも溶け込めなくてキリンに追いかけられたり、サーバルに威嚇されて追い払われたり。仕草も顔も人懐っこくて可愛げがあるんですが、そんな彼がほかの動物たちに受け入れられる日はくるのでしょうか・・・。


もちろん餌付けもできます。特に「さっぽろフクロウとキタキツネの森」にいるキタキツネさんあざとい表情。ちゃんと餌置き場の場所も覚えているので、その気になったら誘導して「ねぇ?ちょうだい?」って。
当日雨だったのでモフれなかったのですが(ずぶぬれだった)、こうやって可愛い表情を見られただけでも中々おいしかったです。次回はちゃんとなでなでしたいな。

ちなみにキタキツネの黒変種であるギンギツネさんもいたのですが、こっちはとっても機嫌が悪くて、触ろうとしたら怒られました。まあ嫌がっているのなら仕方ないですね。また次回触れたら・・・いいなぁ・・・。


余談ですが、ギンギツネ付近でこんなのがありました。夏休みだからホラー企画なんでしょうけど、なんとなくどこぞのアニメの影響があるようなないような・・・。


そしてフクロウも勿論います。おそらく数ある動物園の中でもかなりの揃い方なのでしょうか。こじんまりしてスレンダーなボディが愛嬌たっぷりなアナホリフクロウから、何かと有名なアフリカオオコノハズクやワシミミズクまで多種多様。ワシミミズクに関しては公式ページで確認できる限り6種類ぐらいいます。


あとフクロウは分厚いコートのように分厚い羽毛でおおわれているので、多彩な形態を見せてくれます。丸くなったり、首を伸ばしたり、ほっそりした足が見えたり。

仕草も個体それぞれなので見てて面白いものがあります。


それに仔狐が取っ組み合いしていたり、蝦夷狸やトナカイがいたりして個人的には結構楽しい空間なんですが、そろそろ次の所へ行かないといけないので早々と撤収しました。

規模は正直言うと大きいわけじゃないのですが、前述のとおり間近で触れ合えるというのが個人的にアドバンテージが高いです。また落ち着いて行く機会があればゆったりとすごしてみたいものです。

次は同じく札幌の円山動物園へ行ったのですが、長くなるので次の記事でやります。

2017年5月30日火曜日

ブログ改題と方針転向


恒心ご無沙汰しております。しばらく激務な状態が続いていて・・・と言ってもTwitterの方はアクティブだったんですけど、そろそろ気分的にコチラも再開しようと思いました。

ご存知だと思いますが、今年冬に放映されたとあるアニメの影響で動物に興味を持ち、最近動物園めぐりしています。ソレで備忘記録程度に訪問日誌でもつけようかな・・・というのも更新再開の理由です。


それに伴ってブログをシンプルに「飯田企画」へ改題、ブログの内容もこれまでの車やゲームに加えて「動物」も取り上げていきます。ペースはこれまでよりちょっとだけ早くなる程度を目標としていますが、まったりゆっくり楽しんで頂けたら何よりです。これからもよろしくお願いします。




ちなみに画像は先週末に行ったとくしま動物園で撮った一枚。熊用の広大なフィールドなのに、どの時間訪れてもヒッソリと身を隠すように佇んでいました。ウチのブログもこんな感じに、いつのまにか更新されているかも?というつもりでやっていきます。

2016年6月26日日曜日

ポルシェのライセンス問題について


ゲームで実在する車を収録しようとすると自動車メーカーの許可が必要になります。しかしゲームの内容によっては必ずしも許可が取れないケースがあります。その中で有名なのがEAによるポルシェ独占でしょう。


1999年に契約が結ばれ、以降EAから許可を得たゲーム以外「ポルシェ」名義でポルシェが出ることはなくなりました。ポルシェをベースにした市販車を製造販売するRUFやゲンバラ等を収録することでその問題を回避しているのはよく知られていると思います。(ちなみに奇しくも1999年はとあるレースゲームの2作目が発売された年です)


しかし、ポルシェは市販車だけでなくレースの方でも有名です。今年のルマン総合優勝はもちろんですが、過去も輝かしい歴史があります。グループ5なんて2度もポルシェのせいでシリーズが成り立たなくなるぐらいトンデモナイことが起きていました。幾ら市販車は(失礼な言い方ですが)代用品でカバーできても、レースカーは非常に難しいと思います。(とあるレースゲームでは苦肉の策としてRUFを911のレースカー風に仕立てたり、アメリカの架空のブランドとして935を収録していましたが、これが限界でしょう。)

そして市販車の方も代用品では完全にカバーすることはできません。918や959といったスーパーカーはもちろんですが、80年代を席巻したFRポルシェや356など初期のモデルもカバー不可能です。

だからEAが独占することによる弊害は非常に大きいものと見ています。



勿論EAからもレースゲームは出ています。しかし、メインのNeed For Speedシリーズは元々収録車種が絞られているゲームなのであまりポルシェが出てきません。多くても2桁行くか行かないか?といった程度。しかもHot Pursuit(2010)以降形成していた複数スタジオ体制が崩壊し、1スタジオ体制になってしまったせいで1年空白が空いてしまいます。(実際NFS(2015)に関してはRivals発売後1年空白が発生、今作の翌年にあたる今年も新作はナシとはっきり明言されています。)


勿論EAにはモータースポーツ路線で常に新車を投入するRealRacingもあることは知っています。しかし、それでもポルシェを語るには物足りない感じが否めません。それにF2Pのモバイル端末向けゲームというのも好ましいものではありません。




前述の通りEAから許可を取ればポルシェを登場することは可能です。実際ドライビングエモーションSというゲームは当時EAとスクウェアが提携関係であったため、ポルシェの実車収録が可能になりました。

初期のPGRシリーズやForzaシリーズはEAからサブライセンスを付与してもらう事で収録が可能になっています。これはマイクロソフトの力が大きいでしょうが、それもEAの態度を変えたせいで一回破綻してしまっています
Horizon2以降は再びEAとサブライセンスを結ぶことに成功しましたが、これはForza Motorsport 6も含めた2作の契約であり今後続く保証はありません。

それにForza Motorsport 6のポルシェパックは不十分と言わざるを得ませんでした。収録されることは嬉しいのですが、所謂シルエットフォーミュラを拡充しているのに935が出てこなかったのは非常に不満です。(まあこの不十分さが”ポルシェパック2”で補充してくれるなら文句はないんですけど)


今年は前述の通りNFS新作はないですし、Forzaに付与されたサブライセンスもHorizon 2とMotorsport 6限定ですので寂しい年がやってくる・・・と思っていました。




しかし今の状況を打破できるのでは?という情報が入ってきました。
PCや今後CS機で発売予定のレースシムである「Assetto Corsa」にポルシェが「公式」で収録されることが決まりました。

しかも公式サイトを見る限りは開発元のKunosとポルシェが直接パートナーシップを結んだと発表しています。
Forzaの時でさえEAの名前が出てくるのに、今回は全くその点はノータッチ。前々から「ポルシェの独占契約は2016年で終わる」という「噂」がありました。

もちろんこのゲームだけが例外でしたというヲチも考えられますが、この問題が解決するか否かその真偽がハッキリするのはそう遠くない話でしょう。是非ともこの契約に終止符が打たれ、色んなゲームにポルシェがでるようにあってほしいものです。






ちなみにForzaでは今後が不明瞭だと言いましたが、最新作に911 GT3 RS 4.0と思われる車両がトレイラーに登場しています。これに関しては公式の言及がないので、近い将来明確に表明してほしいですね。

2016年2月20日土曜日

PC版Need For Speed(2015)の動作環境と対応ハンドルコントローラー



PC版NFS2015の動作環境が公開されました。
以下公式サイトからの引用です。

低負荷設定(720p 30fps)向け最小要件:
  • OS:64ビット版Windows 7以上
  • プロセッサー:Intel Core i3-4130または実行スレッド数4以上の同等品
  • メモリー:6GB RAM
  • グラフィックカード:NVIDIA GeForce GTX 750 Ti 2GB、AMD Radeon HD 7850 2GB、またはメモリー容量2GBかつDX11対応の同等GPU
  • ハードディスク:30GBの空き容量
高品質設定(1080p 60fps)向け推奨要件:
  • OS:64ビット版Windows 7以上
  • プロセッサー:Intel Core i5-4690または実行スレッド数4以上の同等品
  • メモリー:8GB RAM
  • グラフィックカード:NVIDIA GeForce GTX 970 4GB、AMD Radeon R9 290 4GB、またはメモリー容量4GBかつDX11対応の同等GPU
  • ハードディスク:30GBの空き容量
 最低環境に関してはここ最近の中堅クラスゲーミングPCなら問題ないと思われます。
にしても自分が昔使っていたHD5870よりもちょっと上の性能のHD7850が最小要件になるとは・・・時の流れを感じます。

推奨環境は1080pでも結構なスペックが求められています。CPUに関しては最小環境と同様に大して求められていませんが、グラボが現状でハイエンドクラス。ましてやPC版のウリでもある4K解像度だとさらにハードルが上がりそうですね。(もっとも自分は4Kディスプレイ持っていない上に、推奨案件に届いてすらないので縁のないお話ですが・・・)


同時に対応しているハンドルコントローラーも公開されました。

  • Logitech G27
  • Logitech G29
  • Logitech G920
  • Thrustmaster TX
  • Thrustmaster T150
  • Thrustmaster T300
  • Thrustmaster T500
  • Fanatec CSR

 3ペダルのハンコンも対応しているみたいですね。もしかするとNFSもクラッチが対応・・・は考えすぎでしょうか。


初回特典の詳細情報がまだ未詳などまだまだ未開示の情報がありますので、今後の続報でいったいどんな要素が明らかになるのか楽しみですね。

2016年2月12日金曜日

Need For Speed(2015)のPC版リリース日が発表



「2016年春発売」という曖昧な表記のままだったPC版NFS(2015)ですが、海外では3月15日、日本では3月17日に発売することが正式に発表されました。
Origin Accessに登録すれば3月10日より遊べるそうです。が、今のところ日本ではサービスがスタートしていないので残念ながらできない模様。
※後日日本でもOrigin Accessがスタートしましたので、記述を修正しました。

公式サイトによるとPC版では以下の項目が追加されるようです。
  • Logitech、Thrustmaster、Fanatecのハンドルコントローラーをサポート。
  • フレームレートのリミットを解禁、60fpsが可能に。
  • 4K解像度も可能
  • MTの実装(CS機版でも実装予定)
  • これまでのShowcaseアップデートもPC版に適応
PC版発売後、全機種でアップデートもあるそうです。上述の通りPC版に合わせて実装されたMTもでしょうけど、他にも何かあるのかもしれません。
海外ではパッケージ版が存在しますが、日本ではOriginのみで他のバージョンは確認できませんでした。

Originでは「スタンダードエディション(\8,424)」と「デラックスエディション(\9,504)」の二つバージョンが存在します。両方とも

  • スタイリングパック
    「スタイリング」ステッカーやスポイラー、リム、スプリッター

が同梱されているようです。「デラックスエディション」はそれに加え、以下の6つの特典がついてきます。
  • パフォーマンスパック
    特殊なステッカーが同梱されるほか、ターボチャージャー、エンジンブロック、特殊エキゾーストの3種類のパフォーマンス・アップグレードが早い段階で入手可能。
  • フル改造の初期マシン
    後日情報開示予定
  • 限定特典ラップ
    後日情報開示予定
  • ユニーク識別ステッカー
    後日情報開示予定
  • VIP アイコン
    後日情報開示予定
  • ゲーム内通貨で購入できる全アイテムの永久ディスカウント
    ゲーム内での買い物が全て10%オフ
発表から数日たった現在でも詳細不明な項目が多いですね。パッケージの名前から何があるのかは大体察することはできるのですが、いったい何が含まれるのか気になりますね。


前作Rivalsが酷い出来だったので今作は様子見でしたが、CS機版やっているフレンドさんの評価見る限りは概ねよさそうですしPC版の発売が楽しみですね。
それに開発側も定期的にアップデートをしてゲームを改善していこうという姿勢がみられて好印象です。前作の不出来もさることながら、発売後のゴダゴダも知っている身なのでどうなるやらと心配していましたが・・・。

まだまだPC版について不明な事項もあるので、今後どんな続報が来るのか期待ですね。


※2016/2/14:Origin Access日本スタートなど新情報を追記、各種内容の修正をしました。