2015年3月29日日曜日

ForzaHorizon2のワイルド・スピード拡張で遊んでみました



皆様ご存知の通り3/27にワイルド・スピード最新作の販促DLC、「Forza Horizon 2 Presents Fast & Furious」が配信されました。
世界同時配信ということで日本では金曜日の真っ昼間に配信されるという異例の事態でした。やはり期待のコンテンツということもあり、ダウンロードには1時間近く掛かった記憶があります。

見ての通り「DLC」というよりは、ForzaHorizon2をベースに作った一つのゲームってかんじです(公式も「スタンドアロン版DLC」と言っていましたし)
マップは本編のニースから空港までの範囲を切り取った感じで、基本的なところは本編と変わりありません






ゲーム内容自体はレースやミッションをこなしながらワイルド・スピードに登場する車を集め、それを最終的に空港に送り届けるものです。
車を賭けたレースをしたり、地中海に眠る車両を発掘したり、軍用ヘリとチェイスしたり・・・やることそのものは「Horizon2」を凝縮させたようなものです

残念ながら賞金を稼いだりカスタマイズしたりは出来ませんので、そのあたりを期待しているお方はご注意を。ゲーム自体は3,4時間ぐらいでこなせるものですし、ForzaHorizon2とはどんな感じのゲームなのか体験してみたい人にはちょうどいいゲームだと思います。
実際キャリアモード意外にも本編と同様に道埋めやリーダーボード壊しとバケットリストが有りまして、本編よりややマイルドに調整されていて初心者にも優しい設計です。
以前の記事で述べたとおり期間限定で無償ですし、無償期限過ぎても10ドルですので相応に楽しめる内容ですね。

あと実績はキャリアモードを普通にやればすぐにとれるものばかりですし、ForzaRewardsのスコア対象範囲内ですのでそういった面でもお得なコンテンツです




簡易版と言っても本編にない要素が幾らか有ります。
その最たるものがニトロシステムで、NeedForSpeedほどではないですが一気に湧き上がるパワーを体感できます。

あと挙動もややドリフト寄りなのか・・・は上手く説明できませんが、本編に比べてアーケードライクになっています。
コラボ先の作品のぶっ飛び具合を考えれば、むしろこの調整が程よいのかもしれません。流石にこのゲームでは車が上から降ってくることは・・・あるといえばあるか。

あと映画を意識してかやや黄ばんだ感じになっています。
何かHorizon1を彷彿させますね。ちなみに本編では本道ForzaMotorsport5と同じ色合いなのでその点はご安心を




あと本編では作動しないR35のマルチファンクションディスプレイが作動したり、ガレージで所有車両がズラーっと並んでいたり本編に欲しい機能があります。

ガレージは本編のカーセッションを流用したものでしょうが、かつてTDUシリーズで愛車を並べて楽しんでいた身としては悲願の機能です。
まあ確かにリスト表示のほうが探しやすいといえばそうなんですけど、やはり自分が持っている車ですしガレージの中で見回してただ黄昏れたい・・・そんなのを求めるのは私だけでしょうか。




ちなみに当ゲームで使用できるのはバケットリストの6台を除けば以下の12台(この車たちの勇姿とサウンドは上の動画で確認することが出来ます)


・1998 Toyota Supra
・1970 Plymouth Road Runner
・1970 Plymouth Cuda
・2013 Mclaren P1
・2015 Dodge Challenger R/T
・2014 Maserati Ghibli S
・2011 Bugatti Veyron
・2015 Dodge Charger R/T
・2012 Nissan GT-R
・2014 Lamborghini Huracan LP610-4
・2013 Jeep Wrangler Unlimited
・1970 Dodge Charger R/T

いずれも当DLC用の特殊仕様車両です。
完全に新規収録はマセラティ・ギブリと新型ダッジ・チャージャー、プリマス・ロードランナー

あとスープラは左ハンドル仕様でラングラーは本編が3ドアのルビコンに対しコチラは5ドアのアンリミテッド、チャレンジャーは本編が2012のSRT8に対しコチラは最新のR/Tとモデルの差異も確認できます。


残念ながらどの車両も本編に登場せず、現状は当DLC内のみでしか使えません。
特に新型チャージャーとロードランナーは本編でも乗りたいんですけど、有償でもいいから配信してくれませんかねぇ?






あと本編に同車種があるものでも、スープラとR35は本編にないエアロを装着しているんですねぇ。
スープラは恐らくワイルド・スピードではおなじみのブライアンを演じるポール・ウォーカー氏が生前所有していた車両がモチーフで、シンプルながらもスープラ本来の力強さを引き立てるいい感じのバンパーです

そしてGT-Rは純正に毛が生えた用な感じですが、元々完成されたようなマシンですしむしろこういうのがいいんですよね。
エアロ単体でもいいからいつしか配信してくれないのでしょうか・・・




ちなみに所有できる車種はゲームのキャリアモードを進めると大概は入手できますが、ランボルギーニ・ウラカンに関してはXboxOneのForza Hubアプリにログインしてギフトとして受け取るという形式ですので注意を





前述のとおり車を集めて、そして空港にたどり着けばキャリアモードは完結します。
その後にForzaHorizon2本編のメインイベント、Horizonフェスティバルでまた会おうという趣旨のセリフや、Horizon2のダウンロード版販促画面が出てきます。

実際バケットリストを全ておわらせると「夏になったらまた挑戦しよう(Horizonフェスティバルそのものは夏の祭典という設定)」みたいなことを言われますし


・・・ということはForzaHorizon2の主人公は祭典に参加する前にえらくスリリングなお仕事を担っていたんですね。そりゃ序盤でスーパーカーの搬入を頼まれるわけですわ。






ここまで述べたとおりこのゲームはForzaHorizon2を持っていなくとも遊べるお手軽なゲームです。
そしてForzaRewardsの対象ですし、ボードを全て破壊すると本編で上のようなペイントを施されたスープラが乗れるというこれまでのForzaプレイヤーとこれからのForzaプレイヤーにとっても美味しい要素が入った一本です。

そして何よりもワイルドスピードのスタッフが監修した車両を自在に乗ってその世界を楽しめるのも大きいですし、Forzaシリーズもしくはワイルド・スピードシリーズ、または箱を持っているカーガイたちにオススメできるコンテンツと断言します。
4/10までにダウンロードすればこれからもずっと無償DLCとして楽しめますので、興味があるお方はぜひともダウンロードして刺激的な地中海をご堪能してみてはいかがでしょうか。

4 件のコメント:

jutikeda さんのコメント...

完全にコラボの体験版ですね。
したがって難易度緩めで本編に追加車があったりと 色々美味しい。
コレでフォルツァホライズン2が また売れそうです、

飯田春彦 さんのコメント...

上手くHorizon2の素材を活かしている感があります
カーガイであれば夢中になれるゲームですので、もっと色んな人に興味を持ってもらいたいですね

朝倉優樹 さんのコメント...

この白のスープラのエアロはどこのパーツですか?
教えてください

飯田春彦 さんのコメント...

おそらくトラストのものだと思われます